臨床工学技士って本当にありがたい!呼吸器の設定から管理、回路交換まですべてやってくれる!看護師の負担も減るし、精神的に楽になる!

臨床工学技士って本当にありがたい!呼吸器の設定から管理、回路交換まですべてやってくれる!看護師の負担も減るし、精神的に楽になる!

放射線技師、臨床検査技士、理学療法士、作業療法士、臨床工学技師など、病院にはドクターや看護師の他に、様々な職種の方が働いています。

いろいろな職種の中でも、まだ歴史が浅くてあまり聞き慣れない職業が、臨床工学技士です。
この名前を耳にした事のない方も沢山いると思います。

この、臨床工学技士という資格は、1987年に設立したばかりで、ドクターの指示に基づいて、血液の循環装置、人口心肺装置、人口呼吸器など、生命を維持する為の装置を操作したり、点検したりする仕事です。

医療機器の進歩というのは実に目覚ましく、医療機器が進歩する事によって、操作ミスなどの医療ミスが起きる事もあります。
医療機器が進歩するのはとても素晴らしい事ですし、進歩した事によって、多くの方の命を救う事ができています。
でも、そういった進歩した医療機器を扱うのは至難の技なんです。
日々新しい医療機器が取り入れられている状況で、医療に従事している者が、点検や操作などの知識を把握する事は、
とても難しい事です。
特に、女性の場合は、機械が苦手だという事もあり、医療機器を操作したり点検をするのにはかなりの抵抗があります。

でも、臨床工学技士がいるお陰で、いろいろな機器の設定や管理、回線交換の全てを行って貰う事ができるので、
看護師の負担がかなり軽減されます。
精神的にもかなり楽になり、医療ミスの回避にも繋がっています。
医療というのは、ちょっとしたミスでも許されません。
患者さんの命に関わったり、大きな医療ミスに繋がる可能性もあります。
このような専門職の方がいると、とても助かりますし、私達看護師にとっては
とても有難い存在です。
負担を軽減する為にも、このような専門職の方はとても大切です。

2015年7月28日|